これから始める 激安 WiMAX

自宅の外でパソコンを使いたいときは、WiFiスポットに行くか、モバイルWiFiルーターが必要です。時間制限があるWiFiスポットより、いつでもどこでも自由に使えるモバイルWiFiルーターが便利です。

選択肢はこんな感じです、
1 ドコモのWiFiルーターを使う。
2 WiMAXのWiFiルーターを使う。
3 Y!mobileのWiFiルーターを使う。

端的に言いますと
1は料金が高いです。

2のWiMAXは、最速440Mbpsが全国に広まり、月7GBが月額2,700円前後で使えます。

3のY!mobileは、基地局により速度が違い、187.5Mbps、165Mbps、150Mbps、112.5Mbps、75Mbpsで、最安値は月5GBが月額2,400円前後です。

なお、auのWiFiルーターはWiMAXだし、ソフトバンクのWiFiルーターはY!mobileです。


このサイトでは、みなさまが契約するプロバイダを選択しやすいように、WiMAXをメインに書き進め、Y!mobileとも比較しながら、できるだけ感覚的でない根拠のあることで比較していきたいと思います。


モバイルWiFiルーターがあれば、電波のエリア内ならどこでもパソコンやタブレットなどをインターネットに接続して、高速インターネットを使うことができます。もちろん自宅でも大丈夫です。

パスワードが設定されるので、自分以外は使うことができないようになっていますから、安心して使えますね。

WiMAX2+は、最速440Mbpsです。
画像のモデムはW03



条件の良いときは、USB接続でこれぐらい出ます。




WiMAXモバイルルーターの現行モデルです

(2017年5月21日現在)

W04
メーカー ファーウェイ
対応回線 WiMAX2+とau 4G LTE
下り速度 最大440Mbps(440M未対応の地域は220Mbps)
非対応回線 WiMAX(13.3Mbps)
発売日 2017年2月17日


WX03
メーカー NEC
対応回線 WiMAX2+のみ
下り速度 最大440Mbps(440M未対応の地域は220Mbps)
非対応方式 au 4G LTEと旧WiMAX(13.3Mbps)
発売日 2016年12月2日


W03
メーカー ファーウェイ
対応回線 WiMAX2+とau 4G LTE
下り速度 最大370Mbps(370M未対応の地域は220Mbps)
※370Mbpsの使用は、月1,004円が別途必要。
非対応回線 WiMAX(13.3Mbps)
発売日 2016年6月4日



契約数の多さならWiMAXです。
WiMAXは2016年に2000万契約突破。Y!mobileは公表されていませんが、2014年で1000万契約でした。シェアーとしてはWiMAXの方が全然多いです。

WiMAXが売れている理由は、最速440Mbpsが日本全国に広まったこと。
WiMAXは2年縛り
Y!mbileは3年縛り
この影響は無視できませんね。


WiMAXの回線は、KDDI系列のUqコミュニケーションズが持つWiMAX2+回線です。Y!mobileは、Softbankの4G LTE回線やY!mobileの4G回線、LTE回線など複数の回線を使用しています。

どちらも月額2,000円台~3,000円台で端末代金込と、ずいぶんお手軽になりました。特にWiMAXは安くなりました。

まずは、WiMAXとY!mobileのどちらを選ぶか、以下のことを参考にして選んでください。


WiMAXとY!mobileの比較


項目WiMAXY!mobile
料金最安値は実質月額2,699円
端末代込み
最安値は月額2,480円前後
プランが分かりにくい
速度最速で440Mbps(ほぼ全国)
通常で220Mbps(Wimax2+)
13.3Mbps(旧Wimax)
通常で187.5Mbps、165Mbps、150Mbps、112.5Mbps、75Mbpsが混在
エリアの広さ地方の小都市までほぼカバー機種によって違う
新しい機種では全国をほぼカバー
アドバンスモードは
主要都市部のみしか使えない
周波数帯2.5GHz
屋内でも大丈夫
WiMAX2+は高速で安定
1.7、2.1、2.5GHz帯で安定
4G、LTE、3Gの自動切り替えが煩わしい
上限月7GB
速度制限時は128kbps
上限なしギガ放題は
月額654円追加
月5~7GB
速度制限時は128kbps
上限なしのアドバンスモードは
月額648円追加
3日間上限3日間で10GB制限あり
速度制限時でも約1Mbps
Youtube動画が見られる
3日間で10GB制限あり
速度制限時は128kbps
回線独自のデータ専用回線
エリアが広いau 4G LTEの利用も可能(有料)
ソフトバンクの4G LTEなどが無料で使用できる
契約期間2年縛り3年縛り


★ WiMAX2+愛用者にビッグニュースです。
3日間3GB制限が3日間10GBに大幅に緩和されました。
実施は2017年2月2日からです。

⇒ 3日間3GBの速度制限緩和


WiMAXのメリット


取り扱っている通信事業者が多い
 本家のUQ wimaxのほか、Broad wimax、GMOとくとBB、nifty wimax、So-Net、BIGLOBE wimaxなどからお好みのプロバイダーが選べます。

最新機種はWiMAXが安いです
 プロバイダーによっては、月額2,726円(税別)でWiMAXが使える

公称速度が速いです
 最速440Mbpsが全国に展開中です。
 通常で下り最大220Mbpsです。
 ※最新機種では旧WiMAX回線(13.3Mbps)を使用しない機種があります。

3日間10GB制限でも、Youtubeが見られます
 これはY!mobileでは遅くてできません。

料金が安くなりました
 実質月額3,000円前後(税込)で使えます。
 しかも端末代金込みです。
 最初に必要なのは事務手数料3,000円のみ。
 WiMAXは高かったのですが、本当に安くなりました。

au 4G LTEが利用可能
 WiMAXよりエリアが広い、au 4G LTEの利用が可能です(有料)。
 ※機種により、au 4G LTEを使用しないものがあります。

ギガ放題は月654円追加で使える

2年縛りです
 25カ月目は違約金がかかりません。
 Y!mobileは3年縛りになってしまいました。

月2,726円のWiMAXの詳細はこちらから。
⇒ Broad WiMAX

WiMAXのプロバイダ選びにはこちらのランキングをご覧ください
⇒ WiMAX2+ 月額安い ランキング


Y!mobileのメリット


料金が安い機種があること
 最安値は月額2,480円(税抜き)です。
 取り扱っている通信事業者は、本家のY!mobileのほか、Yahoo!WiFi、Broad LTE、BIGLOBE LTEなど少ないです。
 でも、キャンペーンによってはYahoo!Wifiが月額1,980円など安い場合があります。

 ただし3年縛りです。
 無料で解約できるのは37カ月目です。
 最初に必要なのは事務手数料3,000円のみ。

屋内に強い?
 屋内に強いというのは、1.7GHz帯とプラチナバンド800MHz帯の4G(LTE)の電波が屋内でも届きやすいからです。でも実際に使ってみると、都市部ではWiMAX2+との差は、実際のところそれほど感じません。

速度は?
 速度は、同じエリアでも回線によって違います。187.5Mbps、165Mbps、150Mbps、112.5Mbps、75Mbpsが混在していて、どれを掴むかはルーターが自動選別します。
まあ、普通にネットにつなぐには十分ですが、75Mbpsだと遅く感じるでしょう。
なお、最速620Mbpsのモデムが登場しましたが、620Mbpsのエリアは今のところ公式サイトに載っていません。

⇒ ソフトバンク住所別対応速度情報

使い放題のアドバンスモードは月額648円
 ただし、アドバンスモードが使えるエリアは狭い。

エリアの広さなら
 新しい305ZT以降の機種(305ZT、401HW、502HW、504HW、506HW、603HW)では、ソフトバンクの4G LTEを無料で使用できます。このエリアはau 4G LTEに匹敵する広大なエリアです。自動切換えなので意識することなく使えます。

ソフトバンクのWiFiスポットが利用可能
 駅などにあるソフトバンクのWiFiスポットが無料で利用できます。


速度制限に注意


WiMAXは月の上限が7GB、Y!mobileは月の上限が機種により5GB~7GBです。
上限を超えると速度制限がかかります。
上限なしの契約でも、3日間上限10GBで速度制限がかかります。
このときWiMAX2+ならYoutubeが見られますが、Y!mobileは128kbpsなのでYoutubeの動画はムリだと思います。


※ 2017年6月1日よりUQでは、月額1,005円のLTEオプション料が無料となるプランが新たにできます。
⇒ 詳細はこちらのページから


※初期契約解除制度をご存知ですか。
契約したけれど、電波状態が悪くて使えなかった場合に、8日以内なら無料で解約できる制度です。詳しくはこちらのページから。
⇒ 初期契約解除制度のページへ



選択方法をまとめると


速度重視と最新機種の安さならWiMAX
月2,726円のWiMAXの詳細はこちらから。
⇒ Broad WiMAX

各社のWiMAXから月額の安い順のランキングはこちら。
⇒ WiMAX2+ 月額安い順ランキング

エリアの広さと最安値ならY!mobile
速度よりエリアの広さと最安値なら
Y!mobileの詳細はこちらから。
⇒ Y!mobile

WiMAXにはプロバイダー(MVNO事業者)がたくさんあります。その中で、月額料金が特に安い2社を次に揚げました。Y!mobileのMVNO事業者は、Yahoo!mobileとBroad LTEですが、料金的にはY!mobileと変わらないので、Y!mobileを揚げてあります。

Broad WiMAX

WiMAX2+なら440Mbpsが全国に拡大中
キャンペーンで初期設定費は無料
事務手数料3,000円(税別)
最安値月2,726円(税別)から
端末も無料でついてきます
ギガ放題はプラス685円
都市部を中心に使うならWiMAX2+が速い。
万一WiMAX2+が使えなかったらBroad LTEに無料で乗り換え可能
私的にはおすすめです。

⇒ Broad WiMAX公式サイトはこちら



GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはWiMAXです。
WiMAX2+は440Mbpsが全国に拡大中です
現在のところ最安値となりました
月7GBの通常プランで月2,699円(税別)
ギガ放題で月3,353円(税別)
事務手数料3,000円(税別)
端末も無料でついてきます
都市部に強いWiMAX2+

⇒ GMOとくとくBB 公式サイトはこちら



Y!mobile

Y!mobileはソフトバンク4G LTE使用でほぼ全国どこでもOK
速度は回線により187.5Mbps、165Mbps、150Mbps、112.5Mbps、75Mbpsが混在
事務手数料3,000円(税別)
最安値月2,480円(税別)から
プランが複雑で分かりにくい
上限は月5GB~7GB
都市部以外のエリアの広さならY!mobileです。
3年縛りです。

⇒ Y!mobile モバイルWi-Fiルーター